【ストレス改善】毎日を少しだけ変えてみよう!3大「幸せホルモン」を増やす方法【セロトニン/オキシトシン/ドーパミン】

f:id:sayamaruroom:20200724092656p:image

幸福には3つの種類がある

「幸福」とは一体何でしょうか。

その感覚は人それぞれであり、ひとつの結論に収めるのは難しいことでしょう。

そこで今回は、「科学的に幸せになれる方法」をご紹介します。

幸福感を引き起こす脳内物質、つまり「幸福物質」は主に3つあります。

それが、セロトニン」「オキシトシン」「ドーパミンです。

これらの物質が分泌されると、「幸せ」な気持ちになるそうなのですが、それぞれの幸せの「質」は全く異なります。

参考書

セロトニン的幸福

f:id:sayamaruroom:20200724094642j:image

セロトニン的幸福とは、「安らぎ」や「癒し」の幸福感です。

朝起きて「今日も1日頑張ろう!」という気になれるのであれば、セロトニンが分泌されている証拠です。

逆に、不安やイライラ、落ち着かないなど、ネガティブな気分に支配されている場合は、セロトニンが著しく低下しているのです。

オキシトシン的幸福

f:id:sayamaruroom:20200724094226j:image

オキシトシン的幸福とは、「つながり」の幸福感です。

夫婦や恋人、友人ら一緒にいて楽しい時に分泌される物質です。

人に親切をしたときやされたときにも分泌されます。

ドーパミン的幸福

f:id:sayamaruroom:20200724095405j:image

ドーパミン的幸福とは、「やる気」による幸福感です。

目標を達成したときに分泌される「成功」の物質です。

スポーツで優勝したり、大金を手に入れたりしたときの達成感や高揚感に関連しています。

ドーパミン的幸福にとらわれないように注意

「出世したい」「お金持ちになりたい」「成功したい」などの欲望はすべてドーパミン的幸福です。

 

もちろん、ドーパミンは原動力になりますがこれだけでは幸福にはなれません。

例えば、高年収を得られるようになったものの働きすぎて病気にかかってしまうことだって有り得ます。

 

人間が生きていく上で1番大切なのは、セロトニン的幸福です。セロトニン的幸福は言い換えると「健康」を実感する幸福なのです。

 

セロトニン」→「オキシトシン」→「ドーパミン」の順番で実現されていくことが大切です。

3つの幸せホルモンの増やし方

セロトニンの増やし方

f:id:sayamaruroom:20200724093840j:image

「幸せ」を感じるには「健康」がベースになくてはいけません。

身体的・メンタル的に健康で、朝起きた時に気分が良いことを目指す必要があります。

 

◻️朝散歩(15~30分だけでも効果アリ)

◻️瞑想・座禅、マインドフルネス、腹式呼吸

◻️笑顔

 

オキシトシンの増やし方

f:id:sayamaruroom:20200724093845j:image

次に目指すべきはオキシトシン的幸福です。

家族や恋人、友人などの安定した人間関係があなたを幸せにするのです。

仕事などでどんなにストレスがあっても、安定した人間関係があればメンタル的に支えられるものなのです。

逆に、孤独を感じたりしてしまうと、うつ病認知症などの発症リスクを高めてしまいます。

ドーパミン的幸福を求める前に、オキシトシン的幸福を手に入れることが「自分の足元を固める」ことになり、最終的に多くの幸福を手に入れることに繋がります。

 

◻️スキンシップ(20秒以上のハグなど)

◻️コミュニケーション

◻️ペットとの触れ合い

◻️親切、社会貢献、ボランティア活動

 

ドーパミン増加は最後に目指す

f:id:sayamaruroom:20200724093910j:image

セロトニン的幸福とオキシトシン的幸福の2つを手に入れることが出来れば、お金持ちにならなくても、社会的に成功しなくても幸せに生きていくことができます。

この基本的な幸福感に気づき、それを実感できない人は、いくらドーパミン的幸福を手に入れても、それに満足できません。

これを念頭に置いた上で、ドーパミン的幸福を手に入れていきましょう。

 

◻️お金を稼ぐ、社会的成功

◻️スポーツや大会などで活躍、優勝

◻️目標設定と目標達成

◻️運動(有酸素運動、筋トレ)

◻️笑顔、瞑想 など

 

参考書

 

関連記事