【厳選】本当に役立つ自己分析の本3選【就活/転職/22卒/23卒】

f:id:sayamaruroom:20200716120456p:image

 

就活に自己分析は欠かせない

ほとんどの人が通るであろう「就活・転職活動」という道では、「自己分析」がかなり重要なカギを握ります。

では、なぜ「自己分析」が大切なのか?

それは、仕事選びの軸を明確にするためや、自分のことを全く知らない他人(面接官や社員)に自分を分かりやすく説明するためにあります。

 

「自己分析をしなくても自分のことならなんとなく分かるし、答えられるでしょ!」

と思われる方も多くいると思います。

 

しかし、その「なんとなく」が落とし穴だったりするのです。

なんとなくの状態で就活を本格的に始めてしまうと、実際の面接やエントリーシートで上手く言語化できなかったり、矛盾が生じてしまったりする可能性があります。

そんなことが起きないように、予め自分のことをしっかりと理解し、言語化できる準備をする必要があります。

 

自己分析に役立つツールは山ほどあります。

そのひとつが、「自己分析本」です。

今やインターネットの情報で手軽に自己分析が出来るようになりましたが、私個人の意見では、自己分析の本は1冊は持つべきと思っています。

 

私は、現在大学四年生で就活が終了した直後になりますが、自己分析の本を購入し読み込んでいました。

率直の感想は、本を購入してよかったと思っています。

 

今回は、私や他の就活生が実際に使ってみて良かったと思う自己分析本や、ネットのレビューを参考にして、総合的に判断した結果、3冊の自己分析本を厳選しました。

その3冊を紹介していきます。

本当に役に立つ自己分析本【3選】

①さあ、才能(自分)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

 

Amazon価格:¥1,980

Amazonレビュー:☆3.7

「強みの活かし方」が資質ごとにわかる。待望の新版、ついに登場!
皆さんは毎日、自分の強みを使うチャンスがあるだろうか。おそらくないだろう。

多くの場合、才能は未開発のままだ。

ゆりかごから職場まで、私たちは強みを伸ばすよりも欠点を直すために多くの時間を割いている。
人が才能や強みなど「その人の良いところ」を見出すには、まず、それらについて自分自身やまわりの人たちに説明できるように「言語化」する必要がある。

2001年に出版し、人々が持つ「34の資質」を明らかにした『さあ、才能に目覚めよう』は国内で累計50万部のベストセラーとなり、世界中で話題となった。

あなたの強みを「見える化」してくれるツール〈ストレングス・ファインダー〉を使って「トップ5の資質」を発見した人の数はいまや数百万人に及ぶ。

新版となる本書では、「その資質をどう使えばあなたの武器になるか」「どうすればその資質を持つ人たちを活かすことができるか」といった「強みの活かし方」にフォーカスする。

34の資質ひとつひとつについて、それぞれ10項目の〈行動アイデア〉と3項目の〈人の活かし方〉を解説する。資質や才能はダイヤモンドの原石であり、それを活かしてこそ、光り輝くダイヤモンド、すなわち強みとなる。

進化したウェブテストのアクセスコード付き!
さらには〈ストレングス・ファインダー〉も進化した。

新しくなったウェブテスト〈ストレングス・ファインダー2.0〉では、結果として提供されるレポート群がよりあなたらしいものにカスタマイズされている。

あなたの回答を膨大なデータベースと比較して「何があなたを際立たせているのか」を明らかにしている。

本書には〈ストレングス・ファインダー2.0〉を実施するためのアクセスコードが記載されている。

本書は一気に読み進むこともできるが、今後何十年にもわたって、あなたの才能を開花させるための指針となるだろう。

本書には、あなたの強みを活かすためのたくさんの戦略やアイデア、ヒントが詰まっている。

それらを実践すれば、あなた自身を、そしてあなたのまわりの世界を見る目が永遠に変わるはずだ。

(Amazon公式サイトより)

この本は私も購入しました。

何より、ウェブテストのコードがついていることが魅力的です!

コードを入力すれば、簡単にウェブテスト(診断)を受けることができます。

 

②絶対内定2022:自己分析とキャリアデザインの描き方

 

Amazon価格:¥1,980

Amazonレビュー:☆3.9

就活本にはじめて「自己分析」の手法を取り入れ、100枚近くのワークシートを使ってキャリアデザインを描くことで、自身の強みを知り、心から望む仕事・会社を見つけ、第一志望の企業から内定を勝ち取ろうという内容。

圧倒的な情報量は他の就活本を寄せつけない。

東大、京大、早慶、明治、中央、立教、青学、立命館同志社千葉大横国大、九大、新潟大生や商社、金融、外資ハーバード大、アイビリーグへの進学者など、人気・難関企業や進路に進む人たちが読む「就活生のバイブル」というイメージも定着した。

先輩やOBOGのすすめる就活本として有名だが、企業の採用担当者も学生時代実際に読んで内定を勝ち取った経験などから、企業の人事部門や大学のキャリアセンター担当者や就職担当の先生、就活生の親御さんからも支持されている。

最近では、ベストセラー『メモの魔力』の著者・SHOWROOM社長の前田裕二さんなど、人気企業の経営者が学生時代『絶対内定』の自己分析シートに取り組んでいたことが話題に。

(Amazon公式サイトより)

こちらの本は、大学図書館で常に「貸出済み」になっていて、なかなか手に入れることが出来なかったほどです。

就活生に大人気のシリーズとなっています。

 

 

③9つの性格エニアグラムで見つかる「本当の自分」と最良の人間関係

 

Amazon価格:¥713

Amazonレビュー:☆4.4

「すべての人は9つのタイプに分けられる」――世界各国で科学的に検証され、日米の一流企業で人事研修にも採用されている、神秘の人間学エニアグラム”。

タイプを分ける20の質問に答えれば、あなたが、

(1)完全でありたい人

(2)人の助けになりたい人

(3)成功を追い求める人

(4)特別な存在であろうとする人

(5)知識を得て観察する人

(6)安全を求め慎重に行動する人

(7)楽しさを求め行動する人

(8)強さを求め自己主張する人

(9)調和と平和を願う人

の中でどのタイプかがわかる。

自分のタイプを知り、こだわりや恐れから解放されれば、自らの能力と個性を最大限に生かすことができる。

さらに、相手のタイプを知り、長所と短所を見極めれば、その人に合った対応の仕方がわかり、良好な人間関係も築ける。

まさに、新しい生き方を実現するための“人生の地図”といえる。

各界で話題騒然となった44万部突破のベストセラー、ついに文庫化!

(Amazon公式サイトより)

たった20の質問で自分がどのタイプか分かります。Amazonレビューが非常に高く、質の高い内容となっております。

 

自己分析を徹底して就活を乗り切ろう

以上の3冊が、自己分析に役立つ厳選本です。

これを読んでいるあなたが就活を快く乗り切れる手助けになれば幸いです。

 

 

【就活関連記事】