【就活/転職】Webグループ面接で最低限押さえるべきポイント3つ【集団面接】【21卒/22卒/23卒/既卒】

f:id:sayamaruroom:20200619190957p:image


はじめに

f:id:sayamaruroom:20200619211322p:image

現在、就活においてWeb面接が主流となってきましたね。

今回は、そのWeb面接の中でも特に【グループ面接】に特化した内容となっています。

 

人事担当者の意見を収集し、さらに私自身の経験も踏まえて上で、Webグループ面接のポイントを紹介していきます。

 

以前に就活関連記事も公開しているのでそちらもチェックして見てくださいね。


Webグループ面接のポイント3つ

①元気にハキハキと話す

グループ面接に限ったことではなく、個人面接においても大切なことです。

オンライン上であれば、音声が聞き取りづららかったり、乱れたりしてしまったりすることはしばしばあります。

私はこれまで何十回とWeb面接や説明会に参加しましたが、経験上3回に1回くらい、途中で音声が乱れてしまい上手く会話ができなかった場面がありました。

回線が乱れなかったとしても、ハキハキと大きな声で話すことをこころがけましょう。

 

使えるテク
面接官の声が不具合で聞こなかった場合は、正直に「音声が乱れて上手く聞き取れませんでした。お手数ですがもう一度お願いします。」と伝えよう。

②一体感を演出する

これは非常に重要です。

Web上であると、複数人で話している感覚が薄れてしまいますが、ここが落とし穴でもあり、面接官が見極めているポイントでもあります。

 

あくまで「グループ」面接であることを意識しましょう。自分が質問されたときだけきちんと答えればいいという考えは捨てましょう。

 

使えるテク

❶他の学生の発表中は頷いていると◎

❷全体の会話で出てきた話を活用すると◎

 

❶は特に大切です。

他の学生が発表しているとき、つい自分の発表内容を考えてしまったり、発表後で余裕感を出してあからさまに話を聞いていない表情になったりするのは危険です。聞く態度を面接官は見ています。

話が頭に入ってこなくても、せめて頷くなどの聞いているそぶりをこころがけましょう。

 

❷は、少し余裕があるときに活用するといいでしょう。

全体の会話の中で出てきた話を自分の話に取り込むと、面接官に「話をしっかり聞いていて、協調性もある」と好印象を与えることができるかもしれません。

例:「○○さん(面接官)が言っていたように、わたしは…」

 

 

③ポイントを抑えて簡潔に言いきる

グループ面接の場合、面接官が特に気にしていることは「時間」です。

面接官は限られた時間の中で、複数人のパーソナリティを見極めなくてはいけません。

1人の話が長すぎてしまうと、他の人が話をする時間を奪ってしまう上、面接官の頭の中は時間の焦りでいっぱいになってしまいます。

せっかく良い話をしていても、それでは大変もったいないですよね。

 

だからといって、簡潔すぎる(結論だけ言う)のもよくありません。一人一人内容を深堀りする時間がないからです。※企業にもよります。

 

ポイントを絞る

❷長すぎない程度に伝えたいことを言い切る

 

この2つが非常に大切です。

 

使えるテク
カメラに映らない位置でタイマーをセットしたり、目線の先(カメラの横あたり)に時計を設置したりすると◎
 
 

 

さいごに

これからどんどんWeb面接が増えていくと思います。

Webグループ面接を行う際は、以上の3つのポイントを最低限抑えて臨んでくださいね。

 

\ 就活関連記事 /