【PDCAは古い?!】これからはDoPDCA!すぐ行動するためのたった一つの思考法【ハック大学さんから学ぶ】

⏰この記事は3分で読めます

f:id:sayamaruroom:20200611205424j:image

ハック大学さんの動画に共感しました

こんにちは、さやまる(🕊sayamaru_room)です。

今回は、YouTuberであるハック大学さんの動画の内容がものすごく共感した上、とても勉強になったので、ぜひみなさんにもシェアしたいと思いこの記事を書くことにしました。

👇その動画がコチラです👇

「すぐ行動できない人」がやっていないたった一つの思考法

PDCAを知っている人は多いかと思います。

しかしこの動画は、これからはPDCAではなく「DoPDCA」が大事である!と主張している内容です。

そちらの内容を今回は簡単に要約したいと思います。

そもそもPDCAとは何か

f:id:sayamaruroom:20200611211342j:image

そもそもPDCAとは、

Plan 計画(計画を立てる)

Do 行動する(計画を実行する)

Check 評価(行動を評価する)

Action 改善(改善して次に繋げる)

物事を実行する上でのフレームワークです。

 

PDCAサイクルとは生産技術における品質管理などの継続的改善手法。Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(改善)の4段階を繰り返すことによって、業務を継続的に改善する。

(Wikipediaより)

このPDCAサイクルを繰り返すことで、実行のスピードやクオリティが上がっていきます。

PDCAサイクルの欠点

f:id:sayamaruroom:20200611220900j:image

しかし、PDCAには欠点があるそうです。

それが、「Plan(計画)」から始まっているという点です。

計画から始めるなんて普通でしょ!と思う人も多くると思います。

もちろんそれは正しいのですが、ここに落とし穴があるのです。

それは、「完璧主義者」にとっては大きな関門となってしまうことです。

完璧主義者は、Plan(計画)を緻密に作り上げようとします。もちろん緻密に作り上げることはいい事でもあり、実行の可能性が高くなることは確かです。

しかし、

◻️新しいことに挑戦する

◻️変化していく

このような場合では、緻密に計画を立ててしまうことは難易度が高すぎるのです。

 

経験値が無いため、

◻️何が起きるか?

◻️どこでしんどくなるか?

◻️どこは楽勝なのか?

◻️どこでつまづくのか?

これらを計画するとなると、膨大な時間がかかってしまうでしょう。

 

実はやってみると意外と簡単なことだった時や、計画の時点で体力を消耗してしまうこととなると大変もったいないのです。

欠点は完璧主義者だけにあるわけではない

f:id:sayamaruroom:20200611221508j:image

さきほど、完璧主義者に焦点を当てて説明しましたが、完璧主義ではない人にとっても当てはまります。

実行の画を思い浮かべることが難しいことによって、

◻️無茶な計画を立てて難易度が高くなりすぎる

◻️楽観的すぎる計画を立ててしまう

ということは、誰にでもありえることなのです。

DoPDCAとは?

f:id:sayamaruroom:20200611221126j:image

そこで登場するのが「DoPDCA」です。

DoPDCAとは、字面から想像がつくかと思いますが、Plan(計画)の前にDo(実行)をしてしまうということです。

この場合のDoは、「P(計画)のためのDo(実行)」です。

 

どうせ後からまたDoやるじゃん!と思う人もいるかと思います。

2回Do(実行)をするので無駄っぽく聞こえてはしまいますが、2回目のDo(実行)とはメインの目的が違うのです。

 

2回目のDo(実行)は本来の目的のためです。

そして、最初のDo(実行)は、様子見のためなのです。

 

この様子見のためのDoでは、

精度が低くても・多少無計画っぽさがあってもとにかくやる!が重要です。→やってその景色を見ることが目的のため。

 

このフレームワークは、

《やらんと分からん精神》

にのっとって行われています。

(具体例は動画内で紹介しています。ぜひ視聴してみてください!👇)

「すぐ行動できない人」がやっていないたった一つの思考法

DoPDCAで何が変わるか?

f:id:sayamaruroom:20200611221206j:image

PDCAとDoPDCAを比較して何が変わるのか。

PDCAの前にDo(実行)することによって、

 

◻️こんなもんでいいところ/しんどくないところ

◻️絶対に外せないところ/しんどいところ

 

この2点が明確になります。

明確になれば、次に行うPlan(計画)の精度が高くなり質が上がります。

先に経験値を積むことによって、最終的な成果にも繋がりやすくなります。

 

Doを入れることによって遠回りをしているように見えますが、実は近道になるということです。

 

まとめ

◻️PDCAは素晴らしい考え方であるが、特に完璧主義者にとっては難易度が高い!

◻️「まずはやってみて様子をうかがう」が遠回りに見えて近道になる!

 

私も、今まで計画を緻密に立ててしまい、思わぬアクシデントに対応できず、結局やらないまま終わってしまったことはたくさんありました。

それらを防ぐために、「まずはいったん動いてみる」をこころがけていこうと思いました😊

 

\ コチラもオススメ /