【量より質】記憶に定着させるためには「コレ」を前提にインプットすべし!【インプット大全】

f:id:sayamaruroom:20200607134917p:image

インプット大全とは

さやまる(🕊sayamaru_room)です。

今回は、精神科医の樺沢紫苑先生が書かれた「インプット大全」のポイントとなる内容を紹介していきます。

 

前作で出された「アウトプット大全」は50万部を超える大ベストセラー本となりました。

 

そして、今回のインプット大全と合わせてシリーズ累計60万部を突破したそうです。

 

この本では主に

「短時間で効率よくインプットをするための方法」を図解や例を多く用いて分かりやすく説明しています。

今回はその

核心とも言える内容を一部紹介していきたいと思います。

人は97%の情報を忘れる

f:id:sayamaruroom:20200607133028j:image

樺沢先生は、175人を対象に「1週間でネットやテレビで得た情報を書き出してみてください」という課題を出しました。

 

結果は「1人あたり平均3.9個」でした。

私たちはSNSやテレビなどからあらゆる情報を取り入れているはずが、実はたったの3%ほどしか記憶には残っていないのです。

 

※記憶に定着させる以前に、そもそも必要の無い情報を捨てることも大事!

 

インプットは量より質である

f:id:sayamaruroom:20200607133452j:image

先程の実験で、人はほとんどの情報は記憶していないことが分かりました。

つまり、インプットは量よりも圧倒的に質が重要であるのです。

 

◻️内容が薄く学びが少ない本→三振本

◻️内容が濃く学びが多い本→ホームラン本

 

三振本を10冊読むよりも、ホームラン本を1冊深く読んだ方が圧倒的に大切なのです。

ホームラン本に出会うためには?

 

◻️「この本は自分の人生を変えてくれるか?」と問う

◻️読書好きの人のオススメ本を読む

◻️Amazonのオススメ本やレビューを参考に

◻️自分のレベルに合った本を選ぶ

 

など…10個の方法が紹介されていました。

(上の4つは特に私が重要だと思うものです。)

 

記憶が定着するインプット方法

f:id:sayamaruroom:20200607132350j:image

質の良いインプットが大事なことが分かりましたが、ではどうすれば質の良い情報を記憶に定着させることができるのでしょうか?

 

その答えは

「AZ(アウトプット前提)」

 

アウトプットをする(誰かに教える)前提でインプットをすることで記憶の定着率が圧倒的にアップします。

 

例えば…

◻️本を読む→「読書感想文(ブログやSNSなど)」を書く前提で読む。

◻️講師のセミナーを聞く→「質問」をする前提で聞く。

 

なぜアウトプット前提だと良いのか?

アウトプットすることを前提にすることで、脳はプレッシャーを感じます。

そのプレッシャーによってノルアドレナリンという物質が分泌されます。

 

ノルアドレナリンは、

「集中力」「記憶力」「思考力」

が高まる効果があるのです。

 

「方向性とゴール」を明確にしよう

今までの説明で、記憶に定着させるにはアウトプットをする前提でインプットをすることが大事だということが分かりました。

 

つまり、「方向性とゴール」を明確にすることが大事であるということに繋がってきます。

 

例えば、

「なぜあなたは英語の勉強をしているのか?」

という問いに対して

「将来役に立つと思うから」

では、NGであるということです。

 

このような問いに対して

「留学するためです。TOEIC900点を来年の3月までに達成します。」

と前もって明確にしておくことで後々の記憶力の定着が変わってくるのです。

 

◻️何のため?→留学するため

◻️そのために?→TOEIC900点以上

◻️いつまでに?→来年の3月までに

 

この3つの問いにしっかりと答えられるかがポイントです。

 

効率的な本の読み方

f:id:sayamaruroom:20200607133144j:image

では、最後に本を読むというインプットを前提に「効率的な本の読み方」を紹介します。

 

①ホームラン本を選ぶ。

②目次を読んで、自分が知りたい情報をピックアップ。

③ピックアップしたページを、10~15分ほどで重要ポイントだけ読む。→パラパラ読み

④1ページ目に戻り、しっかり読んでいく。

 

この行程で重要なのが、パラパラ読みの部分です。

このパラパラ読みを前もってすることで、2回目に読む時には前情報がある上で読めます。

それにより、本を読むスピードが上がる上に記憶にも定着しやすくなるそうです。

活字を読むのが苦手な人へ

本を読むのが苦手である人は、耳で聴けるオーディオブックをオススメします。

◻️Amazon Audioble

◻️Audiobook

などがありますが、私はAudiobookを活用しています。

Audiobookは30日間の無料体験があります。

おまけ

私は、このような本の要約記事を書く時は、本のポイントをざっと紙にまとめています。

f:id:sayamaruroom:20200607132529j:image

こんな感じです。

今回は、少しごちゃごちゃとしてしまったので、記事を書く前に改めて紙で整理しました。

f:id:sayamaruroom:20200607132614j:image

ここまでやると、完全に頭に入っている感があります。笑

このように記事にする(アウトプット)前提で本を読むことって本当に大事なんだと実感しました。

 

インプットとアウトプットを頑張りたい!という人は絶対に購入するべき本だと思います。